2009年 09月 16日

加賀のゆびぬき「星」 2

長女からネックレス用に作って♪と頼まれていた「星」のゆびぬきが完成しました。\(^▽^)/
今回は、ゆびぬき本に載っている作り方通りに作ったのに作れないという、ゆびぬき超初心者の私に難題を与えられた機会を得ましたが、無事に山を乗り越える事が出来て気分爽快です。でも、解き作業で、ごみ箱行きとなった絹糸があった事、そして、解決する為に多くの時間を割いた事は、とても残念です。ゆびぬきの模様作りについて、理解が深まった事は収穫だったとは思います。(^o^;
b0068643_1151580.jpg
Book: "絹糸でかがる 加賀のゆびぬき" 大西 由紀子 著 by NHK出版
Thread:  オリヅル絹手縫い糸9号 ♯85、20、150、白 絹100%
Design: ”星" 7コマ、2とび、まわし刺し、開き刺し




ゆびぬきは、絹糸で、リング状の土台の縁を上→下→上→下・・・と針ですくいながら、ジグザグに糸を渡して模様を作ります。この作業を"かがり" と呼び、後からかがった糸は、前にかがった糸の上に重なって様々な模様になります。
「星」模様を本の通りに作ると、星を表現している白糸は、小さい星になります。本の完成写真を見ると、白糸の後からかがっているはずの青糸の上に白糸が乗っているんです。これは、おかしいという事に途中で気付いて、本とにらめっこしました。( ̄ロ ̄lll)
b0068643_11303374.jpg

作り方のページには、1~4の番号順にかがると書かれていますが、拡大写真が載っているページには、" 星のきらめきを、開き刺しで部分的に糸の流れをかえることで表現しています" と書かれています。
"部分的"って?もしかして、くぐり刺しの事かも・・と想像して再度、作りなおしたのが、こちら。
b0068643_1131175.jpg

くぐり刺しは、前にかがった糸の下に糸をくぐらせて模様を作るかがり方です。これは、糸を割きそうになったり、くぐらせる場所が多く、とても大変でした。土台に巻いた真綿を針で引き上げてしまったり、リズム良く、かがる事もできないので、かがり糸も縁の針目も揃わず、この方法は途中で止めました。(>_<)

"糸の流れをかえる"というのは、規則正しく順番にかがらないのかもしれないと考えて、本の拡大写真を頼りに、糸の重なりから、かがる順番を割り出しました。
b0068643_11314738.jpg

そして、やっと、本の通りの模様が現れました。のびのびとした大きな星が出来ました♪
b0068643_1132108.jpg

大西さんのゆびぬき本は、ゆびぬきの美しく大きい写真が掲載されているので、写真を見ながら1コマ分の針目を数えて確認してから作り始めます。ゆびぬきの土台には、1コマ、1/2コマごとの印しかつけないので、糸の本数を確認しながらかがる事は、各コマへ均一に針目を入れる上で、私にとって欠かせません。
今回の星模様の場合は、↓のように。
b0068643_11353189.jpg

白2目・トルコブルー2目・青3目・紺3目・紺3目・青3目・トルコブルー2目・白2目  で、1コマ20目。

星を表現している白糸の本数の見極めにも苦労しました。
最初は、これで全部、星は4本の白糸で作られているように見えましたが、コマの分割点上に、白1目 があり、5本の白糸で星が出来上がっている事に気付きました。

「星」模様は、開き刺し&まわし刺し のかがり方で、白糸の領域を中心にかがっていきます。
肝心のかがる糸の順番は、こちら。
(上段=糸位置、下段=順番 糸位置は、コマ割り印に近い色糸から1,2・・と書きました。)

(左)青3・(左)青2・(左)青1 ・(左)ブルー2・(左)ブルー1 ・(左)白2・(左)白1   
   14    11     8       5       3        1     6  

(中央)白・(右)白1・(右)白2 ・(右)ブルー1・(右)ブルー2・(右)青1・(右)青2・(右)青3
   12     9     2       4       7       10    13    15   

※ 横一列の記述で見ていただきたかったのですが、記事の文字幅の関係で2段に分けて書きました。
引き続き、紺糸で左、右 と順にかがって、左右紺糸3目ずつをかがって出来上がります。くぐり作業をせずに作る事ができます。
確かに、1周目は本の通り、白・白・トルコブルー・トルコブルーの順にかがりますが、2周目からは、トルコブルー・白・トルコブルー・青 と部分的に糸の流れが変わっていきます。
私のように、大切な絹糸をごみ箱に入れる人が増えないよう、これから、「星」模様のゆびぬきを作る方々に役立てていただけると嬉しいです。

「星」以外に、正確な作り方が書かれていない模様はないでしょうか?まだ、ありそうで、ちょっと、ドキドキ・・。
大西さんが選ばれた(はず)絹糸25色セットを購入したはずですが、配色は本と違うように見えます。ゆびぬき本に糸の色番が書いてない事も残念な点です。糸見本帳が、欲しいです。
b0068643_1135444.jpg


by yukamikamama | 2009-09-16 14:30 | Thimble(ゆびぬき) | Comments(11)
Commented by naruko at 2009-09-16 15:11 x
うわー!大作の完成、おめでとうございます!(^O^)
長女さんも大喜びですね♪

この「星」、私もいつか是非挑戦してみたいと思っていたのですが
本を何度見ても「くぐり刺しの箇所」が分からなかったんですよね。
yukamikamamaさんの解説をたよりに頑張ってみます!

複雑な模様になればなるほど、本だけじゃ分からないことが増えていくのだろうと、私もちょっと不安です。
Commented by kawasoramama at 2009-09-16 17:32 x
すごく頭の使う作業ですね(@~@;)
いつもながら、詳しい説明ありがとうございます。
私が、この「星」に取り掛かるときは、yukamikamamaさんの記事を
参考にしながら、できるのでラッキーです♪
といっても、いつの作業になるやら^~^
Commented by chloe_patricia at 2009-09-16 20:13
yukamikamamaさん
 ずいぶん細かく解析されましたね。どんぶり勘定のわたくしにはとてもとても。とても奇麗です。お疲れ様でございました。
 でもくぐり刺しはそれほど難しくありません。一気に全部すくおうとせずに、ゆっくりと構えれば開き刺しよりも簡単にきれいにできます。針を通した後、かがる前に糸の並びをそろえるようにすると少しやりやすくなるかもしれません。それに2周めからはうんと作業が楽になりますし。
 大西さんの本はNHK出版ですから、糸のメーカー名ですらわからないように、材料が写っている写真も糸巻きカードが逆向きに伏せられています。そこまでしなくてもと思うのですけれどね。25枚組の箱入りと本で使われた色はきっと違うと思います。
 この本に載っている指ぬきを作られたのは一人じゃないと思うのですけれど、どう思われます?真綿の巻く量もいろいろですし、何よりもかがり口というのかしら、角だけかがられているものと上の面全部をかがられているものがありますでしょう。真綿はともかくとしても、かがり方を見る限り複数の人の作品だと思うのです。本当はどうでもよいことなんですけれど。
 次の作品を楽しみにしています。 CP
Commented by yukamikamama at 2009-09-18 10:05
naruko さん>
こんにちは♪
ありがとうございます。完成はしたのですが、やはり、本の作品とは配色が違っているので、長女用には、再度、糸色を見極めて作る事にしました。なかなか、難産です。。。
くぐり刺し という作業は、かがり作業に慣れない私にとっては、なかなか厄介な作業で途中で諦めてしまいました。熟練技をお持ちの方でしたら難なく出来てしまう事なのでしょう。本の写真を見て、すぐに判断もできるのでしょうね。私のような初心者が作るには、難易度の高い模様だったのかもしれません。
新しい事に挑戦しているnarukoさんの様子を見て、私も励まされました。
先日は、お忙しい中お返事をいただきまして、ありがとうございました。m(__)m
Commented by yukamikamama at 2009-09-18 10:26
kawasoramama さん>
ええ、とても悩みました。普段使わない脳の場所を無理やり動かしたので、もう少しで、頭痛がする所でした。最近、中3の長女から数学の問題を突き付けられるので、少し前よりは脳の働きが活発だったので、それが良かったのかもしれません。(≧m≦)
Commented by yukamikamama at 2009-09-18 10:52
chloe_patriciaさん>
こんにちは♪
難題であればある程夢中になって燃えてしまうのは、最近の私の傾向なんです。答えが出た時の喜びと爽快感が何とも言えません。
受験勉強中の長女の数学に、時々、付き合わされるので、余計に夢中になったもかもしれません。
くぐり作業について、教えてくださってありがとうございます。次回は、是非、参考にさせていただきます。
大西さんの本は、色々な制約がある中で作られた1冊なのだと私も思っていました。作り方説明のページの糸巻きは裏面で不自然ですし、手芸本には、巻末に材料メーカーや入手できるお店の紹介の記述が書かれている場合が多いですが、書いていないです。
chloe_patriciaさんが仰る通り、本に載っている作品は数人の方が作られたのだと思っていました。ゆびぬきを作り始めて、一番、気になったのは、縁のかがり具合でしたので、どの作品も縁ばかり見ていましたが、作品によって微妙にかがる場所やすくい加減が違うのですよね。きっと、作り手の癖や性格も反映される箇所だと思います。それぞれ、ふっくら加減にも差があって、作る人それぞれなのだと分かりました。
次回は青色を変えて作るつもりです。
Commented by fumo_fumo at 2009-09-19 23:11
またまたおひさ~です(*^^*)
前から指ぬきのコメントを書こうと思っていたんですが。。実は私は金沢人なので本場?だよね?(←実は指ぬきについて詳しくないw)
友達が一時期作っていて見せてもらったことあるけど、「w(゜ー゜;)wワオッ!!私には絶対ムリーー」と思ったよ^^;
細かい作業という点ではyukamikamamaちゃんの得意分野かもだけど、それにしても研究心がスゴイ!!!
ノートにいっぱい書きながら一生懸命謎を解こうとしている姿、そのかたわらにワンちゃんがいて~娘さんがのぞきこんでて~なんていろいろ勝手に想像しちゃった(*^m^*) ムフッ
超ステキな指ぬきの完成 おめでとう~~♪
Commented by yukamikamama at 2009-09-24 00:22
ふもちゃん>
わおっ!!!ふもしゃ~~~ん♪♪♪***ヾ(≧∇≦)ノ"***
お久し振りー!!!!!ダダダッ(((((/ ̄ 3 ̄)/チュー
最近、めっきり気配がないので、どうしてるかな~?と心配してたよー。
お元気なの?コメントしてくれてありがとう~。嬉しいですっ。
ゆびぬきは、自分でも意外で・・夢中になって作ってます。想像以上に難しいので、挫折しそうになったけど、隣で批評する娘達がいる影響もあるらしく、別な意味で励まされているので、まだ、がんばれそうなの。
研究心というか、分からないのが悔しい~という一念なんだよね。ふもしゃんに褒めてもらえて、益々、元気出てきたよ。
そうそう、加賀だから金沢だよねー。本場だね。本場だよ~。
いつか、ふもしゃんも作ってみて♪ 自分で額縁作れちゃうんだから、きっと、大丈夫♪(^_-)☆
久し振りにお話しできて嬉しいよ~。(*^^*)
Commented by zucca at 2010-12-21 13:46 x
初めまして、zuccaと申します。
先日「ゆびぬき 星」 を検索していて こちらのページにたどり着きました。
星のゆびぬきを2回作ったのですが、本のようにはならず・・・で、こちらに載っていた かがり方を参考にさせていただき 無事に 本と同じ 星 をかがる事が出来ました。
有難うございました。
先ほど ブログをアップし、この記事にリンクさせていただきました。
事後報告で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
もし 何か不都合などありましたら 連絡いただけたら幸いです。
Commented by yukamikamama at 2010-12-25 23:33
zuccaさん>
はじめまして♪♪
コメントをしてくださって、ありがとうございます。
お返事が遅くなり、申し訳ありません。
私のように、「星」のモチーフで悩まれたのですね。
同志に会えたようで嬉しい!!!
参考にしていただけて、益々、嬉しいです。
zuccaさんの思い通りの「星」が、きらめいているいる事でしょう♪
元々、長女から頼まれて作ったモチーフでしたが、問題解決してかがり終えたゆびぬきは、納得の出来とならず、近々、再挑戦するつもりでした。あれから、一年以上たってしまって。。。
また、ゆびぬき作りたいです。
リンクしてくださって、ありがとうございます。
もちろん、OKです。
Commented by hana at 2011-03-11 09:02 x
はじめまして。
ただ、ただ、すごいなぁ・・・と読ませていただきました。
私もゆびぬきたまに刺しますが、尊敬します!

また寄らせてもらいます、ファンになりました☆


<< Hartfield's...      加賀のゆびぬき「星」 >>