2009年 10月 06日

小さい物プロジェクト 4

Morris の新柄の世界にも、苺をくわえたツグミさんをお呼びしました♪保存してあるはずのchart が見つからないので・・・去年、ステッチした ツグミさんを見ながら針運びです。
今週は台風18号が近付いていて、今日は朝から雨降りのお天気。最高気温(予報)18℃の肌寒い一日です。
b0068643_16274029.jpg

Book: "Victorian Canvas-Work ヴィクトリアン花刺繍 ウィリアムモリスの世界" ベス・ラッセル著 山梨幹子訳 by 文化出版局
Fabric:HF Linen 12B
Thread: DMC

by yukamikamama | 2009-10-06 16:31 | Cross Stitch | Comments(4)
Commented by kiichigosoda55 at 2009-10-06 21:16
ミクロステッチですね(*^_^*)
こちらの鳥さんとってもかわいいので何回でも登場させたくなるyukamikamamaさんのお気持ちとっても良くわかります。
キルトとのコラボレーション楽しみにしていまーす♪
Commented by keikei at 2009-10-07 00:57 x
これは表がステッチで裏がパッチになるのかしら?(勝手に想像しちゃってます)チャートなしで実物を見ながらステッチとは神業ですね。
↓Merrimack Collection のキルト、素敵な眺めですね〜。重厚な柄なのに、レースを挟んだ四角つなぎになると、なんだかかわいらしく見えたりもします。
それにしてもyukamikamamaさんは、プレスキルトの技法を使いこなしていらっしゃいますね。星のマンスリーでもこの方法で仕上げされていましたものね。トップ全てをつなげてからキルティング、よりもやりやすいのでしょうか? 大掛かりなしつけが必要ないのは楽そうですが、キルト芯への製図が面倒な気が…。
Commented by yukamikamama at 2009-10-08 15:22
kiichigosoda55さん>
気分良く調子の良い時でないと進みませんが、ミクロステッチは楽しいです。出来上がりの眺めも良いし♪
今回もMorris のコットンと合わせて楽しみました。 (^ー^* )
Commented by yukamikamama at 2009-10-08 15:31
keikei さん>
はい、仰る通りです♪
charm pack のハギレで作っておいたパッチと合わせました。
実物を見ながらカウントしてステッチしたのは初めてですよ。
昔、作られていたSampler は、ステッチ見本なので、実物を見ながらの作業は自然な事なのでしょう。でも、私は、初体験でした♪
Merrimack Collection のキルトは、やっと、キルトらしくなってきました。早く、ボーダーのキルティングに行きたい気分です。
よく覚えていらっしゃいますねー。星のマンスリー・・・懐かしい事。
トップ全てを繋げてからキルティングという正統派の手順で作った事ないんです。確かに、しつけが大変でしょうね。キルト芯への製図は面倒に感じた事ないですね。どちらが楽なのかな~?


<< 小さい物プロジェクト 5      オリヅル絹糸見本帳 >>