Needlework Note

yukamikama.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 08月 12日

ドイツの刺繍本 2

2つ目の荷物が届きました(^ ^)
2冊とも、ドイツの伝統的なモチーフの刺繍本です。
b0068643_11414933.jpg




開けて、余りの分厚さにビックリしました。
厚さ3cm強もあります。図鑑みたい。。
上の本(1枚目の写真の右側の本)は、文字が書いてあるのは数ページで、白黒印刷のチャートが折り畳まれて閉じてあります。
47枚の内、46枚は両面印刷です。
b0068643_11430837.jpg
綴じ穴が切れそう。リングシール貼りたいな。
b0068643_11481892.jpg
左側の本は、ドイツにおける刺繍の歴史から伝統模様の説明文が2部構成で書かれています。
読み応えのある内容です。
片側ページに赤白刷りチャートが印刷されている場所、数ページに渡りチャートが続いていたり、かなり、盛り沢山です。
この本の紙質は、ざらっとしていて、ページを捲りやすく、触っていて気持ち良いです。

ミュンヘン国立博物館に所蔵されている1500年代の古い絵画が紹介されています。
テーブルランナーに3種類のボーダー模様の刺繍が施されています。
カラー刷りでないのが残念。
b0068643_11552024.jpg
殆どは、赤糸1色ステッチが多いようです。
棺の下に敷く布には、黒糸でステッチするとの記述がありました。
b0068643_11584713.jpg
テーブルクロス、テーブルランナー、寝具、冠婚葬祭に使われるクロスにステッチされたり、日々の生活に根差している事が分かります。
嫁入り道具として、寝具に刺繍を施す女性もいたそうです。
b0068643_11592835.jpg
1/4サイズのチャートも多く、同じモチーフをぐるりと4つステッチすると、四角いクロスが出来上がります。
根気が必要ですが、赤糸1色でステッチしてみたい。
b0068643_12024933.jpg
昨日のオビちゃん。
散歩コースに咲いている向日葵が満開です。
良い子でお座りしているのは、オヤツ待ちだからです。
b0068643_12105012.jpg
夜は日比谷にある鰻屋さんへ。
お店で鰻を食べるのは2年振りです。
b0068643_12130639.jpg
臭みがなくてフワフワで美味しい〜。
白焼きと肝焼きも(^^)
b0068643_12140705.jpg


by yukamikamama | 2017-08-12 11:40 | Cross Stitch | Comments(0)


<< Blossom Time〜Bl...      ドイツの刺繍本 >>